令和4年9月7日  空き家・所有者不明土地問題

 
今日は第2回の新宿支部セミナーでした。
私は今回の担当者兼司会だったので、zoom(ウェビナー)ではあるものの
支部の事務所に行きました。
テーマは「空き家・所有者不明土地問題と令和3年民法・不動産登記法改正」
近年の社会問題ですね。
講師は理事として4年間同じ部署だった友人で、同期でもあります。
東京で空き家といえば!というエキスパートで、他の支部はもちろん、他県会
でも講師をされています。
自治体の職員さんを対象にした研修も(@@)
17時過ぎから会場の準備を始めて、機器の不具合で焦る場面もありましたが
なんとか無事にスタートしました!
 
さて、日本全体の所有者不明土地は、現時点でも既に九州全土の面積と同じ
くらい存在しているといわれていますが、2040年にはさらに北海道の広さ
まで拡大されるそうで。。。
そこで各種の対策が図られたのが、令和3年の民法・不動産登記法改正ですが
柱はやはり令和6年4月1日から施行される相続登記の義務化でしょうか。
詳細は書きませんが、既に発生している相続も対象になるので、司法書士には
大いに影響があるところです。
実家の父名義の土地や家は、まだ登記はしてないので対象ですね。
 
ところで、今日は司法書士会主催の研修とかぶってしまい、参加人数が懸念
されましたが、100人近く参加いただきました!
大変ありがたいことであり、それだけ関心が高いテーマということですね。
ただ、重なってなかったらさらに50人はプラスだったのかなと。。。
写真や資料などもふんだんに紹介いただけて、企画側ながらよい研修だった
のではないかと思います。
無事に終わって、講師はもちろん、担当の私も安堵しました^^;
コロナ禍も3年目に入り、オンラインの研修も完全に定着しているとはいえ
リアル研修にはない心配が常にありますからね。
 
コロナじゃなければ終了後は講師を囲んでの懇親会ですが、今日はなしで
帰りました。
私は家ではなく事務所へ。