令和2年6月27日  イキモノ探し

 
上の子が虫を捕りたいと言うので、午後から二人を連れて多摩川台
公園に行きました。
ここは他の公園と違って、草村や小川、大きめの水溜まり(?)が
多くあり、同じく虫取網を持った子供がけっこういます。
蝶やトンボを数種類見ることができましたが、動きが速いので
残念ながら今日は一匹も捕獲できず(><)
特にトンボをとりたかったみたいですけどね。。。
まあ、とっても一時的に虫かごに入れるだけで帰りには逃がすん
ですけどね。

しかし最もお目当てのカエル(今すごく興味をもっています)や
カマキリなどはいなくて・・・。
テレビやYouTubeなどでは見れても、リアルあまがえるは
見たことがないんですよね(@@)
あまがえるはというよりもほとんどの生き物を。
私の実家は田んぼがそこらじゅうにある田舎なので、なんでも
いたわけで、この差は凄いです。
子供の頃のことを話すといつも「いいなぁ。。。ズルいよ」と
言われます^^;
 
ところで、子供は思ったことをすぐに口に出すわけですが
ちょっと面白いやり取りが。
稲が植えてある小さな田んぼがあって、水があるので
そこにトンボが飛んできます。

上の子「あ、あれヤゴかな?トンボ飛んでるし」
上の子と同い年くらいの女の子「ヤゴ?どこどこ??」
上の子「ヤゴがたくさんいるんだよ」
私「どこに?」
上の子「洗足池公園に」
私「ここじゃないじゃん(-_-;)」
 
ローブの中に入っていた女の子がいて、私に向かって
上の子「ねえ、ローブの中に入っていいの?」
女の子「本当はダメなんだけど入ってるの」
下の子「本当はダメなのに入ったら意味なくねえ?」

まさにそのとおり^^;

さて、最近の寝不足と今朝は息子が7時から野球の練習だった
こともあり、眠くてそのへんの木陰で昼寝でもしたい気分でしたが
なにか生き物を見つけてやりたい思いもあり・・・。
少し離れたところで探していると、、、
いました!
すぐに息子たちを呼んで「ヘビがいるよ!」と。
え?どこどこ!?と二人とも駆け寄ってきて「お〜!ヘビだ
ヘビだ!!」と。
それを聞いた同じ場所でトンボを狙っていた子供が走ってきて
ヘビだ!と。
さらにそれを聞いたその子のお父さんが、猛ダッシュできて
ヘビが逃げ込んだ草村の中を虫取網で懸命に探していました。
捕まえたいんですかね!?
意外な行動でした(@@)
 
上の子は「大分に行ったときに死んでるやつと脱け殻は見たけど
生きてるヘビ初めて見た!」と喜んでいました。
小さな子供のヘビで、逃げていく後ろ姿が見えただけですけどね。
それこそ私が子供の頃なんて、この時期、目の前で草むらから
草むらへ道を横切ったり、道のど真ん中でとぐろを巻いていて
自転車でひきそうになったりしてましたけどね^^;