相続登記 〜相続による不動産の名義変更〜

 

不動産(土地や建物)の持ち主が死亡した場合には、不動産の

登記名義を相続人の義に変更しておきましょう。

これを相続登記といいます。

  

相続登記をする際には、亡くなった方(被相続人)が生前に

所有してい不動産を調査し、続いてその不動産を相続する

権利のある人(相続人)の 調査をして、人数を確定します。

具体的には、名寄せ(なよせ)や登記簿謄本、戸籍謄本や

除籍謄本などを収集することになります。

  

そのうえで、相続人全員の合意により、相続財産を誰が

どのような割合で引き継ぐかを決定します。

これを遺産分割協議といいます。

なお、遺言書がある場合には、原則として遺言書の内容に

従います。

  

このようにして、各相続人が新たに所有することになる

不動産の個数や割合を確定させて、法務局に相続登記

(相続を原因とする不動産の名義変更の登記)の申請書を

提出することになります。

  

登記の専門家である司法書士が、相続財産・相続人の

確定から登記の請、登記識別情報(従来の権利証に

相当するもの)の受領まで、全面的にお手伝いいたします。

 

まずは一度事務所までお気軽にご相談ください。