令和2年8月11日  zoom研修

 
緊急事態宣言以降、ほとんどの会議がzoomになっていますが
研修は中止または延期になっているものが多く・・・。
そんな中、今日初めてzoomでの研修に参加しました!
内容は配偶者居住権と法務局での遺言書保管等です。
相続法の改正により施行されてまだ日が浅く、ホットなテーマ
ということもあってか、160人以上が参加していました!
問題は、、、
これは私が担当する委員会で今後行う予定のオンライン研修でも
懸案となっていることですが、出席者(状況)の確認です。
参加者は事務所や自宅にいるので、研修中に簡単に席をはずす
ことができてしまい・・・。
それくらいならまだしも、ネットはつなげておいて、実際には
別のことをする(最初だけいていなくなる)ことも可能です・・・。
え?そんなの自分のためにならない(身につかない)だけだから
放っておけばいいじゃんと思われるでしょうが、私たちは年間に
一定の時間の研修を受ける必要があり、受講によって単位が付与
されます。
この手続きは厳格である必要があります。
集合研修で、ずっと居眠りしているのと大差ないじゃん・・・と
言ってしまえばそれまでではあるのですが(-_-;)
今日はかなり早めの開始2時間前からzoomに入室できるように
なっていて、表示を所属単位会(県名)・名前に変更するように
また、顔が見えるようにと事務局さんが促していました。
変更のやり方がわかんない、顔が映らない、声が小さいなどなど
個別のオーダーに対応していましたね。。。
大変ですね(><)
単位付与を受ける条件として、先ほどもあげたように顔が映って
いること、15分以上離席しないことなどとなっていましたが
見たところ、ずっとビデオがオフの人もいましたけどね・・・。
途中、普通に事務所の電話に出ている姿が映っている人も^^;
マイクがミュートになってなくて発した言葉が流れてしまい
講師が「え?何ですか??」というシーンも何度か。。。
それはミスだからまだかわいいですが、開始前に年配の先生
らしき方が、皆に聞こえているのを認識しているのかいないのか
わかりませんが、会話を始めて。。。
見かねた事務局さんが「今日はたくさんの方が参加されていて
皆さんに聞こえているので、あまり喋らない方が・・・」と苦言を
呈していました(-_-;)
 
zoomでもやればできるもんだなぁと思いつつも、こりゃ管理する
側は大変だなと思いました。。。