令和元年8月3日  沖縄旅行初日A

 

昨年は那覇空港にスーツケースを置き去りにしてしまい、座間味

島に渡ったあとで気づくという、とんでもない目に会いました(><)

いろいろな幸運が重なり、奇跡的に事なきを得ましたが、皆には

心配と迷惑をかけてしまい・・・。

息子に任せていたのがいけなかったとはいえ、あんなミスは

二度と起こしてはいけないと誓いました。

 

ところが、まさかの事態が、、、

ふと、後ろのトランクを見ると、積んであるのはリュックだけ。

あれ?

向こうのタクシーにスーツケース積んだかな?と。。。

記憶はないような(-_-;)

誰かが積んでくれた?

慌てて妻に電話しましたが出ず・・・。

妻の友達にかけても出ず・・・・・・。

司法書士の友人にかけて妻に代わってもらい、スーツケースが

あるかどうか聞きました。

すると、青いやつはあるよと。

一瞬よかった!と思ったのと同時に、ちょっと待てよ、、、

確か長野の友人のも似たような色だったような。。。

今まで私が使っていたやつは息子にあげて、1週間前に新しい

やつを買ったばかりなので、妻も確信が持てないようで。。。

写真を撮って送ろうかと言っていましたが、はっきりしないので

車をいったん止めてもらいました。

そして、ジャンボの方に見に行くと、、、

嫌な予感(というより今回は確信!?)は適中して、、、

スーツケースはありませんでした(><)(><)(><)

こんなことあります!?

アホすぎですね(-_-;)

時間を見て、運転手さんに相談しましたが、ギリギリかなと。

夫婦にはジャンボの方に移ってもらって、私一人だけ空港に

引き返してもらいました。

凄まじい自己嫌悪に陥ると同時に、昨年みたいに島に渡ってから

気づくよりはよかったなと。

また、私がジャンボの方に乗っていたら、おそらく港に着くまで

気づかなかっただろうなとも。

昨年の経験をもとにまずは石垣空港に電話で問い合せをして

みました。

すると、スーツケースを1つ預かっているとのことで、色や特徴を

伝えると私のやつに間違いなさそうです。

煩雑な手続きは不要で、すぐに受け取れることも確認して

とりあえずひと安心^^;

これならアクシデントがない限り、船にも間にあいそうです。

仮に乗れなくてもまだ便はあるので、昨年の状況と比べると

随分マシですね。

とかいう問題じゃないですが。。。

しかし、歴史は繰り返しますね。

となると、二度あることは、、、(@@)

 

妻に連絡して、予約済みの船のチケットを買っておくことと

お昼はまぐろのお店はやめて、ターミナル内で弁当を売って

いるので、それを皆で買って食べてもらうように伝えました。

私の分も買っておいてくれとも^^;

既に西表島にいる先輩にメールで報告すると、あり得ない・・・

罰で皆にビールおごりだなと。

船に間に合うならいくらでもおごるよという気持ちでした。

 

昨年の経験もあり、ちょっと余裕が出てきたので、なぜ忘れて

しまったのか冷静に考えてみたのですが、寝不足、注意力散漫

懲りてない、、、など、どれもしっくりきません・・・。

ひとつ言えるのは昨年もそうでしたが、ベビーカーを押し始めると

荷物のことが完全に頭から抜けてますね。。。

息子の方に集中しているのもですが、普段、スーツケースを

引きながらベビーカーを押すなんて状況はないですからね。。。

 

空港に着くと、時間的余裕があるとはいえ、サービスカウンターに

ダッシュしました。

署名をして受けとると、どこにあったかを聞いてみました。

タクシー乗り場だと思っていましたが、荷物受け取りのコンベアの

ところだと(@@)

ハナから忘れているわけで、やはりベビーカーの魔力(?)です。

再びダッシュでタクシーに戻ると、船の出発まで45分あったので

間に合うことを確信しました。

ターミナルに着くと15分前でした。

お弁当を食べながら、一昨年の沖縄旅行(急遽行先を石垣島に

変更)に来れなかった人たちに七人本舗(ななぴぃとほんぽ)の

マリヤシェイクを案内しました。

10分を切ったので食べるのやめて乗船することに。

慌てて酔いどめを飲みましたが、これでは効果が期待できない

ですね(><)

揺れないことを祈ります。。。

とりあえずよかった^^;