令和元年7月30日  スーパーホース逝く・・・

 

無敗の三冠馬でGT7勝馬のディープインパクトが怪我を克服

できず安楽死処置となりました・・・。

息子や娘として数々のGTホースを世に送り出し、種牡馬

としてもダントツの成績を残したスーパーホースです。

その父であるサンデーサイレンス(アメリカ産)は、数々の

GTホースを輩出して、日本競馬会の勢力図を一気に塗り替え

ましたが、紛れもなくディープインパクトはサンデーの後継種牡馬

の中でもナンバーワンです。

名手武豊をして「走っているというより飛んでいるような感じ」

と言わしめたのは、競馬ファンの中では有名すぎる言葉です。

私自身はPOG(ペーパーオーナーゲーム)で他のメンバーが

ディープを指名していたこともあり、憎たらしい存在だったので

現役時代は好きにはなれませんでしたが(-_-;)

あまりにも強すぎて、完璧すぎて、可愛いげがないというのも

ありましたね。

実際、生涯成績は12戦10勝で、負けた2回のうち1回は

失格になった凱旋門賞(フランス)で、唯一国内で負けた(2着)

のは奇襲戦法にあった有馬記念だけです。

 

ネットの記事で、怪我の影響で今季で種牡馬を引退するんじゃ

ないか?というのは少し前に見ましたが、まさか亡くなるとは

思いませんでした・・・。

今まで本当にお疲れさまでした。

ゆっくりしつつ、天国で思う存分走ってください。

亡くなったとはいえ、来年、再来年とまだまだたくさんの産駒が

デビューするので、遺児たちが、あと7〜8年は活躍する

しょうが、2歳でデビューする息子や娘がいなくなったとき

クラシック(桜花賞・皐月賞・オークス・ダービー・菊花賞)に

ディープの子供が1頭もいなくなったとき、一時代が終わる

感じがしますね。。。

同じくスターホースを多く輩出してきたキングカメハメハ

(通称キンカメ)も先日引退しましたしね。

ニ大巨頭がいなくなった後は、新たに台頭しているロード

カナロアが席巻するのか?群雄割拠の戦国時代に突入

するのか!?