令和3年9月15日  舞台裏でのドタバタ劇  

 
今日は第2回の新宿支部セミナーでした。
zoomウェビナーでの開催です。
ここ数回の支部セミナーは、運営本部を支部事務所に置き、講師は
ご本人の事務所など、遠隔地から講義いただく形式でしたが、今日は
初めての支部事務所からの配信です。
講師の前には念のためにアクリル板を設置しました。
私は近くに座って司会を担当しましたが、そんなわけでマスクを
したまましゃべりました。
受講者は約210人だったので、司法書士会館(日司連ホール)
だったら超満員です!
全席が埋ったうえに、足りないのでさらに後方のスペースに追加の
椅子を並べないといけないところです。
司会ももっと緊張したでしょうね^^;
画面の向こうには200人以上の会員の皆さんがいるはずですが
パソコンに映っているのは、講師と勝手知ったる支部の仲間数人
だけですからね。
いや、講師も普段、事務所で私の横に座っているベテランの方です!
 
さて、前置きが長くなりましたが、今日のテーマは、司法書士業務
における依頼者等の本人確認及び意思確認 〜規程・法律等及び
事例から考える〜 です。
本人確認と意思確認は、業務を行う上で、ある意味では最も重要
かつ、注意すべきことですが、コロナ禍においては、司法書士と
会うのに抵抗を感じる依頼者さんもいるかと思いますので、平時
よりもさらにいろいろと考えないといけない部分です。
講師の方は、現在は司法書士会の副会長ですが、前期は業務部長
だったので、本人確認・意思確認に関する問題事案(綱紀案件)に
関しては、まさに最も近い場所にいらしたと言えます。
今日のテーマはもちろんですが、その立場や目線から、関連する
諸問題についても話していただきました。
  
ところで、セミナーは結果的には問題なく終ったのですが、裏では
ドタバタ劇が。。。
講師の方に持ち込んでいただいたパソコンの調子が悪く、ネット
接続も不安定で、、、
開始15分くらい前にフリーズしてしまい、その後完全にzoom
からいなくなりました(><)
これだと復旧したとしても本番中にまた・・・。
場の空気が凍りかけましたが、切れ者のセミナー担当副支部長の
冷静、かつ、迅速な対応でパソコンを入れ替えて、設定しなおし
ギリギリ間に合いました!
セ〜〜フ。
さすがです。
いや、と思ったら画面共有するためのレジュメと資料がないと(@@)
元のパソコンからUSBに落として入れ替える必要がありますが
間もなく開始時間。
そこで、司会である私に時間稼ぎしてと。
最終的にはなんとかなりましたが^^;
 
zoomでの研修は、事務所や自宅など、どこでも受けられるので
移動の手間もなく、集合形式の研修と比べても参加率が随分と
アップしていますが、機械的なトラブルのリスクがあり、そこが
怖いところですね。。。
とりあえず無事に終わってよかったです!
が、次回のセミナー委員会でまたいろいろ検討せねばですね。