令和元年9月11日  アルバイト

 

同じ部屋で事務所をやっている女性の甥っ子さんが、先週から

アルバイトに来ています。

登記の知識はゼロなので、バイトする方も教える方も大変

ですよね。。。

余分な机と椅子はないので、隣の応接スペースで作業をして

いますが、色々聞こえてきて、けっこうスパルタです^^;

 

今日は司法書士会の相談員として、ある施設に出向くために

午後から外出する予定でしたが、急遽キャンセルになったので

3人でお昼を食べに行くことに。

女性司法書士の「せっかくの機会なんだから色々聞きなさい」

という無茶振りで「なぜ司法書士になったんですか?」と聞かれ

会社員をやっていたときのこと(辞めるきっかけ)と、司法書士

という資格との出会いの奇跡のマッチングについて話しました。

甥っ子さんは大学二年生ということで、逆に大学のことを色々

聞きましたが、やはり自分の学生時代とは全然違うなという

部分も多々。

途中から、徐々に最近の若者は的な感じになり始めたので

抑えました^^;

さすがに学生さんと話す機会はまったくないので新鮮でした。