令和元年7月29日  広報の難しさ・・・

 

今日は板橋区の自殺対策地域協議会に出席しました。

東京司法書士会の自死問題対策委員会の担当理事をしている

関係で委員になっています。

会議は公開で、傍聴者もいたので、ここに書いても大丈夫ですね。

ちなみに板橋区には会社員の時に7年半、司法書士受験生の

ときに1年9か月住んでいたこともあり、縁を感じます。

今でも散髪はずっと板橋ですからね^^;

 

委員は色々な所属団体の人がいますが、それぞれの立場から

意見を出していて勉強になりました。

宿題となっていた「地域とのつながりが持ちづらい中高年男性

への支援」の具体策について、司会者から司法書士としては

どう考えるか聞かれましたが、これという妙案はなく。。。

素直にそう答えたうえで、ゲートキーパー(悩んでいる人に

気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ

見守るという周囲の人たちのこと)を地道に増やすことが

最終的には支援が必要な人たちにつながるのではないか?

という意見を述べました。

司法書士会の自死問題の相談会も、いかに困っている人たちに

そういう場がある、利用できるという情報を届けられるかが

課題になっています。。。

相談会の広報(広告)に無制限に費用をかけられるわけでは

ないので、限られた中でやるしかなく、これをやればオッケー!

というのはありません。。。

青司協関係でも各種の相談会やイベントをおこなう際の

広報は毎度の悩みでしたが、本当に難しいなと思います。

せっかくいいものを企画して開催しても利用がないのでは・・・。

もちろん、まずはやること自体に価値があるとは思うので

相談件数や費用対効果だけを見て、即「無駄」「意味なし」

とまでは思いませんが、見方によっては単なる自己満足と

評価されることもあると思います。。。

難しいですね・・・。