令和元年7月24日B  新鮮

 

今日は企画部の理事として担当する2つ目の委員会がありました。

裁判事務推進委員会です。

司法書士が簡裁代理権を利用して裁判業務を数多くおこなう

ようになるためにはどうすればいいのか?を考える委員会です。

しかし、これがなかなか。。。

一時期過払い金の請求がたくさんあった頃はかなりの事件数を

司法書士が受けていたと思われますが、そうでない、いわゆる

一般民事事件となると激減します・・・。

理由はいろいろとあるでしょうが、このままでは、代理権なんて

いらないんじゃないの?ということにもなりかねません。

もともと司法書士に対しての簡裁代理権の付与は恒久的な

ものではなく、暫定的ですからね。

委員の皆さんは面識がある人がほとんどですが、そうそうたる

メンバーなので、いっしょになんとかしていきたいですね。

 

今日は今期初めての委員会なので、終了後に飲み会が

あるのかな?と思いましたが、確認する前に、皆さん解散して

普通に帰りました。

まあ、メンバー全員が継続就任ですしね。

飲みに行かない委員会があってもいいと思うし、新鮮でした^^;