令和4年8月25日  ぶどう争奪戦

 
母が地元の農業高校が行っているぶどうの販売に2年ぶりに行ったということで
3房ほど送ってくれました♪
しかし、コロナ以降「〇年ぶり」というキーワードが増えましたね。
実際、令和元年以来1回も会ってない人とかもけっこういますしね。。。
話をぶどうに戻します。
ぶどう送ろうか?と聞かれて、送ってほしいと言っておいてあれですが、、、
大人気らしく買うためには、午前中に1時間半並んでノートに名前を書いて
(順番を確保して)いったん帰り、午後に再度行くわけですが、安く買えても
それを東京まで送るのでは、むしろ高くつくね・・・と母に言ったところ、まあ
スーパーで買うのとトントン(同じくらい)かねぇと。
ただ、同じ値段だとしても張り艶や味がスーパーのとは全然違うけえね!と。
今日、早速ひと房食べてみましたが確かに!
 
ところで2年前には、並んでいる人同士で密になっているなっていないで
ひと悶着あったようですが、今回は子供(小学生?)を連れてきて、二人分
買っていることでもめていたと。。。
1人が買える数は決まっていて、余っている場合に限り、さらにほしい人は
もう一度並び直す必要があるみたいですからね。
シャインマスカットなどは大激戦のようです。
いろいろ意見はあるでしょうが、私は、本当にその場に来てるんだから
いいんじゃない?と思いますけどね。
まあ、これが3人もいるとかだと、また違うのかもしれませんが。。。
隣近所の子を引き連れて来ていたりとか(-_-;)
もしも目の前で手に入らないとなると、文句も言いたくなるのでしょうね。。。