令和4年8月14日  DCU

 
第1話だけ見て、それっきりになっていたDCU〜手錠を持ったダイバー。
ディープ・クライム・ユニット(これ自体は架空の組織です)の略で、海上
保安官の中でも潜水特殊捜査隊と呼ばれる超高度な潜水技術と知識をもった
人たちの話です。
水が関係する事件の捜査に特化した新しいジャンルのミステリーですね。
昔、ダイバー(の端くれ?)だった私としては、興味深かったのですが
内容がけっこう難しいこともあり、下の子が乗り気じゃなくて。。。
同じ系統としては「ミステリという勿れ」も難しいとは思うのですが
あっちは食いついてました。
何が違うのか。。。
DVD本体の容量の問題もあり、一瞬、2話目以降を全部消すか!?と
思ったのを、先々週、珍しく家で一人になることがあり、見ることに
したのですが、これがめちゃくちゃ面白くて!
消さなくてよかった^^;
最後の3話は妻にも見せて、最終回の途中からは上の子にも見せて、今日
全部見終わりました。
それにしても阿部寛さんが主演のドラマはハズレなしですね!
ふと、思い出したのは下町ロケットの続編の方の特別編(?)を見逃した
ままなんですよね。。。
ライバル会社のトラクターがどうなったのか??
いつの話!?(@@)と思われるでしょうが、我が家にとっては、まあまあ
最近の話です^^;
見たいですね。