令和4年5月13日  天気予報どおり・・・

 
今日は上の子の保育園の遠足でしたが、天気予報は雨から変わらず・・・。
中止(延期)になりました。
園の中での遠足ごっこです。
先生も大変ですよね(-_-;)
給食はないため弁当は必要とのことで、妻が用意したのがこれです。

遠足弁当20220513.jpg



延期後の予定は18日なので、なんとか晴れてくれればいいのですが。
 
ところで、行き先は休みの日にも行ったことがある歩いて行ける公園です。
前にも書いたかもしれませんが、上の子のときは、年中さんは電車に乗って
少し遠くに行っていたし、年長さんはバスでこどもの国に行っていました。
弁当に箸を入れるのを忘れて慌てました(@@)
気づいたあと園に連絡したら、もう出発したとこのことでしたが、予備
とかはなく「こどもの国まで持って行きましょうか!?」と言ったところ
なんとかしますと。
夜、息子に聞くと、友達がフォークとスプーンのどちらかを貸してくれた
とのことでした^^;
こどもの国はプライベートでも何回か行っているので、新鮮味はない
でしょうが、遠足で友達とバスで行くのは、またひと味違うと思います。
ほんと、コロナはいろいろな経験や想い出を奪っていきますね。。。
 

令和4年5月12日  わらびもち

 
何か月か前に近所の商店街にわらびもちのお店ができました。
和というよりは、ちょっとお洒落な感じですが、さすがにわらびもちは・・・
ということで、失礼ながらいつまでもつのかなと。。。
しかし、これがそこそこ売れているようで。
よく見ると、普通のわらびもちだけでなく、飲むわらびもちなるものが
あるようで(@@)
いろいろ考えますね!
タピオカミルクティーのブームも落ち着いているみたいだし、次は
これですかね!?
そこまでではないか^^;
わらびもちは好きですが、これを買う勇気(?)はちょっとないですかね。
 

令和4年5月11日  スラムダンクの記事を見かけると

 
たまにスラムダンクの登場キャラクターのことがYahoo!の記事になっている
ことがありますが、思わず見てしまいます。
先日も水戸洋平のことが記事に。
洋平は主人公である桜木花道の親友で、脇役ではありますが、これがいい味を
出しています。
バスケはやらないのですが、ある意味では花道の一番の理解者であり、一言で
いうと「カッコイイ」です。
特にミッチー(怪我でバスケから離れていた三井寿)たちとバスケ部が騒動を
起こしたときのシーンは最高ですよね!
一時は、もしかしたら洋平もバスケを始めるのでは!?と思いましたが
それはありませんでした。
同じように思った人もいるんじゃないでしょうか^^;
スラムダンクは、洋平に限らず個性的な登場キャラがなんともいえない絶妙な
感じで描かれているのが、人気の理由かと思います。
もちろんバスケの試合展開も手に汗を握る感じですが、個性豊かなキャラが
いてこそなので。
スラムダンクのファンの皆さんは、それぞれ好きなキャラクターがいると
思いますが、私のベスト3は、、、
ちょっと変わっていて、3位はまさに水戸洋平です。
「花道が今どう思っているか」の解説はなくてはならないですよね。
 
2位はリョーちんこと宮城リョータ
湘北メンバーの中では花道寄りのギャグ派路線です^^;
ただ、いざ試合になるとその実力は・・・!
あのギャップがいいですよね。
あとは私自身小中の頃、スポーツをやるうえで、小さいことには少なからず
不利を感じていたので、リョーちんの活躍はスカッとします!
少し話はそれますが、中学の陸上部(長距離)の同級生は、概ね身長が高い
人が成績上位でした。。。
そんな中、1学年上のエースの先輩は一番背が低くて!
私より低かったかも。
まさに憧れの存在でした。
 
話をスラムダンクに戻して、1位は、、、
メガネ君こと木暮公延です!
副キャプテンではありますが、地味な感じで、スーパースターが名を連ねる
湘北にあっては、バスケの実力的には控えの存在です。
ただ、、、
なくてはならない存在なんですよね〜。
ここぞというときに力を発揮するみたいな。
木暮が花道からの意表を突いたパスを受けて、ノーマークでスリーポイントを
決めるシーンは鳥肌がたちますよね。
感動です(T_T)
その木暮と雰囲気や性格がかぶるのが、大学時代のサークル(バドミントン)
の2学年上の先輩です。
もちろんメガネをかけています^^;
バドの実力的には、私と同じく大学から始めているので、経験者である他の
先輩に負けていましたが、サークル全体がまとまるための雰囲気づくりには
欠かせない潤滑油のような存在で、自分もその先輩のようになりたいと常々
思っていました。
先輩は私と同じ広島県人だったので、より親近感があったのもありますが
さらに、なんと同じ広島城北高校の出身で!
高校生活はかぶってはないのですが。
城北というと、花道が晴子とバスケのシューズを買いに行ったときのシーンを
思い出しますが、あれは、めちゃくちゃですよね^^;
のちの伏線にもなっていて、ああいうところが面白いのですが。
ちなみにその先輩はビックリの経歴の持ち主なので、また機会があれば。
 
いや〜、スラムダンクのことを書き始めるとキリがなくなるのでこのへんで。
って、いうほどスラムダンクのことは書いてないような^^;