平成23年1月26日 災害時危機管理訓練

 

今日は司法書士会館で「災害時危機管理訓練」がありました。

本来は支部長が参加するところ、所用のため副支部長である

私が代理で出席したのですが、私自身、16年前に阪神大震災を

経験していますので、関心をもって参加しました。

まずは、司法書士会館での災害時の体制や備品の説明があり

本物の担架を使用しての説明もありました。 

休憩をはさんで、世界の都市災害と首都直下地震と題する講演を聞き

地下の防災設備の見学もおこないました。

  

備えあれば憂いなしとはいいますが、今現在、事務所や自宅において

何か災害時における準備をしているかというと何もしてません・・・。

16年前、家が倒壊するほどの被害ではなかったものの、電車や

水道は止まってしまい、食料も不足するなど、苦労したのですが

時が経つと意識が低下してしまうものですね。

今回の訓練を機に意識を変えていければと思います。

  

なお、試食した非常食の五目ご飯(レトルトで水を入れて1時間すると

食べられるというもの)の味は微妙でした^^;

もちろん非常時にはそんなことは言ってられないのですが。

 

債務整理手続の流れ

 

司法書士に相談

    

債務整理の費用や手続の内容について詳しく説明します。

    

依頼決定(契約締結)

    

各債権者に通知を発送します。

*請求や取り立て(支払い)をストップします。

    

分割で債務整理の費用の積立を開始していただきます。

    ▼

各債権者から送られてきた取引明細書をもとに

利息制限法での引き直し計算をします。

    

債務額が確定

*引き直し計算により、借金の額が大幅に減ったり

 場合によっては既に0円になっていることもあります。

 また、払いすぎ(過払い)の状態になっている場合には

 お金を取り返せることもあります。

    

毎月の収入額及び支出額を考慮のうえ、最適な

債務整理手続を選択します。

    

それぞれの手続を実行します。

*具体的な手続の内容については、こちらをご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

 債務整理の内容 ←クリックしてください