相互リンク募集中!

  

当事務所のウェブサイトとの間での相互リンクをご希望される方は、以下の

手順でお申し込みをお願いいたします。

なお、公序良俗や法令に反するおそれのあるウェブサイト、その他当事務所の

ウェブブサイトからリンクをすることが不適切と判断せざるを得ないウェブサイト

へのリンクは、いたしかねる場合がございますので、ご了承くださいますよう

お願いいたします。

 

 @ 御社(貴事務所)のウェブサイト上に当事務所のウェブサイト(下記)を

    リンクしてください。

 

 「サイト名」

 新宿区で債務整理・過払い金なら

 「紹介文」

 債務整理や過払い金でお悩みなら、新宿区の諏訪司法書士事務所へお任せください。

 「リンク希望URL」

 http://www.office-suwa.jp/ 

 

 A 御社(貴事務所)のウェブサイトのサイト名・紹介文及びURLを

    メールにてご連絡ください。

 

 B 当事務所のウェブサイトへのリンクを確認の上、当事務所からも

    リンクをさせていただきます。

士業事務所のサイト

 

練馬区の福本匡洋総合司法書士事務所・福本匡洋総合行政書士事務所

練馬区をはじめ東京23区を中心に、会社設立・商業登記や企業法務・

契約法務、相続などの不動産登記、建設業などの許認可取得を徹底サポート。

 
柴崎行政書士事務所

新宿区四ツ谷の行政書士事務所です。

 

司法書士小松原事務所

神奈川県相模原市の司法書士事務所です。

 

吉田会計事務所

杉並区の会計事務所です。

会計・税務はもちろんのこと、会計専門家を必要とするあらゆるシーンで

お客様のビジネスを総合的にサポートいたします。

 

会社設立なら千代田区税理士 工藤公認会計士事務所

低廉な報酬で、会社設立・節税サポート・資金繰り相談・

事業計画書(創業計画書)作成サポートを行っている、

東京都千代田区の税理士事務所です。

 

八王子の小林司法書士事務所

八王子市にある司法書士事務所です。

多重債務問題をはじめ、登記業務、成年後見業務など

幅広く対応いたしております。

 

大阪建設業許可サポートオフィス

◆大阪の建設業許可申請ならおまかせ!

◆大阪府行政書士会所属◆原俊広行政書士事務所◆

 

 

 

東京都新宿区の社会保険労務士事務所リーガルネットワークス(勤怠管理・給与計算代行)

勤怠管理システム導入支援から給与計算アウトソーシングまで、社会保険労務士が完全サポート!!

給与計算のエキスパート社会保険労務士事務所リーガルネットワークスが運営しております。

 

 

 

 

 

高谷廣治税理士事務所(神戸市、三宮、明石市)

神戸市の税理士、高谷廣治税理士事務所です。

 

 

あかつき不動産サービス

横浜の不動産鑑定事務所です。

不動産の鑑定評価、不動産コンサルティングを行っております。

 

 

飲食店の独立・開業を助成金でサポートするオフィスまつもと

飲食店の独立・開業を返済不要の助成金活用提案でサポートいたします。

助成金活用で開業時の経費が大幅削減でき、早期経営安定化も可能となります。

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

起業助成金申請代行サービス【神奈川、東京】

神奈川県、東京都を対象に起業、創業、会社設立時に利用できる助成金の

申請を代行致します。

 

相続・遺言ドットコム 

大阪の弁護士が運営する相続・遺言・遺留分に関する無料相談サイトです。

 

西田社会保険労務士事務所

大阪府堺市の女性社会保険労務士事務所です。

【雇用】に伴うあらゆる問題・手続きをお任せ下さい。

 

 

就業規則・助成金は埼玉県春日部市の社会保険労務士(社労士)あべ労務相談事務所 

埼玉県春日部市の社会保険労務士(社労士)です。

就業規則の作成や助成金申請を得意としています。

 

成年後見人 平成21年1月15日

  

成年後見制度をご存知でしょうか?

認知症や知的障害などのために判断能力が充分でない方のために、

後見人が代わって財産の管理やいろいろな手続きをする制度です。

家庭裁判所から、この成年後見人に初めて選任されました。

今後ますます需要が増える分野であり、ある意味司法書士として、

もっとも社会貢献ができる分野であると思います。

債務整理の仕事とちがって未経験分野であるため、未知数な

部分が多く、不安もありますが、がんばってみようと思います。

今日から日記を書きます! 平成21年1月10日

 

 本日より、テーマを限定せず、思ったこと、感じたことを

書いていきたいと思います。

 

 今日は、四ツ谷の司法書士会館で開催された「クレサラ学校」

という研修にいってきました。

 この研修は、クレサラ(債務整理)の実務経験がない、あるいは

少ない司法書士の方を対象にした、基礎的な講座なのですが、

講師の先生は、第一線で活躍されている経験豊富な方ばかりで

大変ためになります。

 ある程度の実務経験を積んでくると、慣れもあってか、誰でも

おざなりになってくるところがあると思いますが、(自分もそうです・・・)

今日の研修を受けたことで、債務整理の仕事をするうえでの基本的な

姿勢や内容を再認識し、初心に戻ることができました。

 明日からの業務に活かしていきたいと思います。

 

事務所紹介

    

事務所の営業時間や、事務所へのアクセス方法

代表者のプロフィールをご紹介しています。

 

 

*事務所を高田馬場から四ツ谷に移転しました。

 

営業時間

 

○電話でのお問合せ・ご相談

○事務所にお越しいただいてのご相談 

 

平日  午前9時 〜 午後7時

*事前にご予約いただければ、早朝や夜間のご相談も

  お受けいたします。

*午後7時以降でも事務所にいる場合は、電話に出ます。

  お気軽にご連絡ください。 

 03−5363−8970

 

土日祝祭日  基本的には営業していません。

*事前にご予約いただければ、土日祝祭日のご相談も

  お受けいたします。

 03−5363−8970

 

 

お問合せ・ご相談フォーム(メール)によるご相談

 

 24時間受け付けております。

*できるだけ早くご連絡するようにしますが、休日や夜間に

 お問合せをいただいた場合、返信(ご連絡)までに時間が

 かかる場合がございます。

 ご了承ください。

債務整理手続はいくつかの種類があります。

 

−あなたにとって最適な解決方法は?−

  

債務整理の手続は主に4つあります。

 

任意整理 

自己破産  

個人再生  

過払い金返還請求  

 

の4つです。

  

では、この手続の中であなたにとって最適な解決方法を

どのようにして選択するのでしょうか?

基本的には、借金の総額と、あなたの収入を考慮したうえで

返済が可能かどうかを判断することになります。

ただし、その判断基準は絶対的なものではありませんので

各種手続の内容をご説明して、ご理解いただいたうえで

あなたが最もよいと思う手続を選択することになります。

  

左の欄(サイドバー)の「あなたの借金どうしたいですか?」

「債務整理の内容」のところで各種手続の概略について

ご説明していますのでご覧ください。

  

なお、各種手続について、さらに詳しくお知りになりたい方は

お電話または、下記のお問合せ・ご相談フォームにて

お気軽にご相談ください。

相談料は無料です。

  

メールでのお問合せ・ご相談

???[?? お問合せ・ご相談フォーム ←クリックしてください

  

 

お電話でのお問合せ・ご相談

?d?b 03−5363−8970 

 

 

 

 

 

債務整理の方法その4 過払い金返還請求

 

−払いすぎたお金(利息)を取り戻す− 

  

利息制限法(年利15〜20%)を超える高い利息を、長い間

消費者金融(サラ金)やクレジット会社に返済している方は

既に債務ゼロ円になっている可能性があります。

信じられないという方もいらっしゃると思いますが、見た目には

50万円の債務が残っていても、利息制限法で再計算すると

実は既に完済しているといった場合があるのです。

債務がゼロ円になった後に返済したお金は、支払う義務が

なかった(払い過ぎた)お金ですので、債権者に対して

返してくれ」ということができます。

これが過払い金返還請求です。  

また、以前は借入と返済をしていたけど、自力で完済して

その後は借りていないといった、いわゆる完済業者

ある場合、ほぼ確実に過払い金が発生していますので

同じく債権者に対して返してくれ」ということができます。   

取り返した過払い金は、債務整理の手続費用や債務が残る

他社への返済、生活費などにあてることができますので

ご依頼者にとっては大切な資金となります。

   

(注意事項)

完済してから10年間が経過している場合、消滅時効が

完成していて、過払い金を取り返せない場合があります。 

  

過払い金を取り返すために、裁判をする必要がでてくる

場合があります。

  

過払い金の額が140万円を超える場合は、司法書士が

代理人として返還の交渉をすることができません。

ただし、書類作成支援による裁判手続は可能です。 

  

昨今の経済情勢により、過払い金があったとしても

相手業者によっては、満額回収できない場合があります。